足台・ペダル台について♪

こんにちは。もうあっという間に梅雨の季節!むしむししますね。

 

みなさん、お家で足台はつかっていますか?ぶらぶらしていませんか?

 

小さい生徒さんは椅子に座ったら地面に足が届かないと思いますが、土台作りをしていく中で足をぶらぶらして弾くのはよくありません。

下半身をしっかり支えることは演奏においてとても大切なことなんです。

 

レッスン室ではこのようなものを使っています♪

 

 

 

補助台

 

シンプルな足台です。

こちらの足台は4段階に調節でき、身体の大きさに合わせて調整します。

 

 

ペダル台

補助台としてもペダル台としても使えます。

(12.5㎝〜22.5㎝)

こちらはペダルをふむための足台で、こちらも高さを調節して使います。一番上の高さが22.5㎝ですので、小さな生徒さんも安心して足が届きます。

身体が大きくなると、窮屈になってきますので

2.5㎝まで調整可能なアシストペダルの台に変えます。

 

 

アシストペダル

 

こちらは取り付け式のペダル台です。

ペダルは5段階、足台も5段階(2.5㎝〜11.5㎝)に調節可能。

ペダル台に比べて軽く、コンパクトなので持ち運びしやすく、ペダルにちょくせつ取り付けるためペダルに近い感覚で踏むことができます。

 

 

 

 

身長に合わせて高さも変わりますので、まずは高さのあるものから、そして窮屈になってこられたら高さを調整いただくか小さなサイズのものをご用意いただければと思います。

代用できるものであれば何でもかまいませんが、柔らかいものではなくグラグラしないものにしてください♪

 

個人的には生徒さんには時期を見てアシストペダルをおすすめしています。

やはりペダルの響きは小さな生徒さんにとっても魅力的に響くようで、ペダルを小さな頃から耳で慣れ親しむことも大切なことだなと思います。

こちらは補助ペダルのように高く設定できませんので椅子の高さを下げてバランスを工夫することが必要ですが、一番下が2.5㎝まで使えますのでペダル台よりも長い期間使っていただけると思います。

 

ペダルをふめるようになると演奏する曲ももっと増えますし、新しい楽しみが出てくるかもしれません。

必要な方はご案内させていただきますので、お知らせください